快適な眠りをあなたへ

スクラバーの構造説明

みなさんはスクラバーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。なかなか聞きなじみのない方も多いかもしれません。簡単に説明すると洗浄集塵装置のことです。下から塵を含んだガスを送り込み、上から水などの溶媒を噴射下降させ、液滴,液膜、気泡などにより含塵ガスを洗浄して、粒子の付着、凝集をはかり、粒子を分離捕集する装置のことです。

スクラバーには溜水式、加圧水式、充填塔式、回転式の4種類があり、それぞれに特徴があります。どれも小型でかなり大量のガスを高い集塵率で処理できますが、洗浄水を使用するので、排水処理が必要になります。

排気ガス汚染防止のためのスクラバー

スクラバーというのは、日常生活で中々聞きなれない言葉ですが、我々の生活とどのように関係があるのでしょう。スクラバーは、工場等の排気に含まれる有害ガスを排除するための装置です。工場等では、稼働すればするごとに毎日大量の有害ガスが発生される事も多く、環境問題への対策が重要視されています。

大気汚染の防止のため、有毒ガスや排気ガス処理の装置として導入されています。大量の有害ガスによる大気汚染の防止の装置として、今では工場等では欠かせないものとなっています。私達が安心して生活を送る上でも欠かせない物といえるでしょう。

工場地帯に必要なスクラバー

皆さんはスクラバーを知っていますか?実物を見たことがある人は少ないかも知れませんが、工場地帯などでは必要不可欠な設備であります。導入の際にはコストがかかりますので検討が必要となりますが、環境汚染を防止できる装置でもありますので、長い目で見ると必要な装置であることが分かります。

特に工場地帯などでは有害な物質なども排出されますので、この物質を無害なものに変換できるスクラバーは、今後においても大きな役割を果たしていくことでしょう。多くの工場で使用されていますので、導入の際には見学に行ってもいいでしょう。

汚染環境をクリーンにするスクラバー

工場や科学的な実験を実施している場所においては、有害な薬剤や物質などを取り扱う事はしばしばあり、環境問題について懸念されている人もいるでしょう。そのような現場においてはスクラバーが設置されていて、有害であったものをクリーンな空気に変換することができます。

このことから、周辺の空気や環境が汚染される事はなく、環境汚染にストップをかけることができます。導入においてはコストがかかりますが、長い目で見た場合には有益な投資と言えることでしょう。最近ではさまざまな仕様のものが発売されていますので、より良いものを見つけやすいでしょう。

スクラバーは除去装置です

スクラバーは、工場などの排気ガスなどに含まれている、チリや有害ガスなどを取り除く装置となっています。洗浄塔とも呼ばれており、縦に長い装置で、筒状になっています。等の内部には、アルカリ性か酸性の洗浄液を噴射し、排気中の汚染物質を除去していく温式という仕組みと、活性炭などの吸着剤を使用し、高性能のフィルターに有害物質を通過させることで、排除していく、乾式という仕組みがあります。

どちらの装置を選択しても定期的なメンテナンスが必要ですし、工場などの条件によって設置することが出来る装置が決まっていきます。