快適な眠りをあなたへ

病院・整形外科・内科

▼病院の医師年収

公立病院の医師年収は、民間より安いイメージがありますが、平均年収の比較では公立病院1500万、民間病院1100万の統計数字があります。

公務員給与削減法案が2012年可決されていますが、それでも公立の方が医師年収は高いといえます。

公立で働く医師の役職別年収を見ると一般医師1400万、医長1600万、部長1800万、院長1900万となっています。地域別に見ると新潟県、岩手県の年収が高く、都市部のほうが低くなっています。

これは医師が不足している地域の給与が、高くなっているからです。特に大きな違いは、公務員医師であり安定した雇用形態、福利厚生、退職金、共済年金があることです。

おすすめリンク

おすすめ情報をご紹介。

おすすめリンク

チェック