快適な眠りをあなたへ

スクラバーで浄水しきれいな環境に

下水道が水洗になっていない地域は、日本国内でもまだまだ残っています。汲み取り式の地域はほとんどないでしょうが、浄化槽を設置して汚染の処理をしています。浄化槽は、サイズが様々あり使う人数、家であれば家族の人数に応じてサイズを選びます。毎月チェックをして、機能や衛生面のチェックをします。

浄化槽の中をきれいに保つためにあるのが、スクラバーです。泡をブクブクと出して働きます。浄化槽は、自分達が排水し自然とつながっていることを気づかせてくれます。設置工事が要らないので、水洗の方が楽ですが水洗にすると自然とのつながりは見えにくくなります。

作ったスクラバーをすぐに設置

生産している会社では、ある程度の期限までにスクラバーのシステムを作り上げて、設置できる状態にしなければなりません。設置できない状態となっている場合には、かなり厳しい状態となってしまいます。期限までにしっかりと守って、設置できる状態にできないと工場が稼働できない可能性もあります。

新規に作ることとなった場合は、会社としてもしっかり作り上げるようにしています。スクラバーの設置で遅れてしまえば、料金の部分でも影響が出てしまいますから、生産しているところはすぐにでも作り上げるようにして、会社側にしっかりと出すようにしています。

取り付ける位置によってスクラバーは変わる

取り付ける位置によっても、実は結構効果が変わっていく場合もあります。かなり効果を発揮してくれる場合もあれば、空気が分散しているために効果を発揮しづらい状態となっていて、思ったような状況に持っていけない場合もあります。しっかりと効果を発揮するため、最適な場所にスクラバーを設置するのは大事になっています。

適当に考えていると、効果を発揮できないまま終わってしまう可能性があります。正しい状況を作り出すことと、設置計画をたてるようにして準備をすすめるようにしてください。これは業者との話し合いである程度わかります。

会社によってスクラバーの性能が変わる

性能が変化していくと、思っていたような効率で処理されない可能性もあります。日本にあるスクラバーは、性能がある程度均一にされていますが、それでも少しだけ違いを持っている場合もあります。こうした少しの違いについて、しっかりと考えていくのが大事になっています。

様々な情報をしっかり見ておくことで、幅広い情報からいい会社を見つけられるようになります。メーカーによって違いが生じていることも確かですので、スクラバーを知っている業者の方に話をしたり、実際に工場で使われている状況などから考えていくのがいいでしょう。

スクラバーの仕組みと注意すべき事

スクラバーは工場排気に含まれる塵や有害ガスを取り除く装置です。洗浄塔とも呼ばれます。スクラバーは縦に伸びている筒状の装置で、内部では酸性やアルカリ性の洗浄液を出しているので、排気する汚染物質を中和して綺麗な空気に分解する温式と、活性炭など吸着剤やフィルターを用いて排気を通過させ、有害物質を吸着させて悪臭を発生させない乾式という仕組みの二通りがあります。

どちらの場合でも定期的なメンテナンスが必要で、管理状況の悪いものは大気汚染の原因になり、また近隣住民への健康被害を起こす可能性もあるので、注意しなければなりません。